MENU

ウォーターサーバーと交換ボトル

ウォーターサーバーは、水ボトルを取りつけて利用します。この交換用のボトルをセッティングするのが大変という方も多いのではないでしょうか。海外製のボトルでは、19リットル入りの5ガロンボトルが主流です。また多くの国産ミネラルウォーターは3ガロンボトルと呼ばれる12リットル前後のボトルがほとんどです。12リットルのお水を1メートル持ち上げたり、ボトルをさかさにして差し込み口を下に向けるなどの行為は女性には難しく思えることも有るようです。若い女性は19リットルボトルも難なく取り扱うことができるようですが、腰を痛めたり、怪我をするリスクと背中合わせでもあります。

ここでおすすめしたいのが少量ボトルの存在です。7リットルボトルや9リットルのボトルを取り扱っている水宅配会社があります。7キロの重さは、1歳未満の赤ちゃんと同じ重さです。無理なく持ち上げることができますよね。このように交換ボトルのラインナップが豊富な水宅配会社なども比較検討の項目に入れると良いですね。またボトルの交換のしやすさや、交換時に水漏れしにくい工夫が施されているなど、ポイントもしっかり確かめられると良いでしょう。交換ボトルは震災用の備蓄水としてストックをしたいという方もいます。

ストック用の交換用ボトルを見ためもすっきりおいておけるストッカーも取り扱いがありますので、必要であれば、関連商品を注文するときに取り寄せましょう。リサイクルボトルで回収を待つ空きボトルもストッカーがあれば邪魔になることがありませんね。